1. HOME
  2. > セミナー・ツアー情報
  3. > トミー流「新しい球根の売り方」

トミー流「新しい球根の売り方」

日程 : 2007年6月25日(月)
会場 : 東京6月25日(月)
大阪6月28日(木)
講師 : 富山昌克氏(園芸研究家)
募集定員 : 各会場50名
受講料 : 3,000円(税込)
主催 : オランダ国際球根協会/グリーン情報
お問合せ先 : (株)グリーン情報(担当:山川)

■概要

園芸研究家として活躍している園芸コンサルタント、富山昌克先生の斬新な発想・効果的なマーチャンダイジング法を解説します。付加価値の高い商品の提案など、目から鱗が落ちること、間違いなしです。

1.チューリップ群生の美しさをアピールする啓発ディスプレー
・シルクフラワーをディスプレーしたり、実物大のパネルを展示するなどの、専用コーナーを設ける。
・生長ステージの変化(生長の変遷)が分かるように、成長段階に即した絵や写真の掲示。
・コーナーのディスプレーを2週間毎に変えて、常にお客様の注意を引くようにする(脱マンネリ)。

2.ショップの特徴を理解させる啓発→小売店での球根による集客法
・なにを売りたいのか?量でいくのか?質でいくのか?価格訴求で行くのか?
・ドライ商品であっても2週間経過したら、すぐに見切りをつける。
・あそこのショップに行けば、どんなチューリップの球根でも手に入るというイメージを植え付ける。
・チューリップVS雑球。このバランスが重要。このバランスで量販店か専門店かのイメージが決定する。
・量販店との差別化を明確にする。→品目でいくのか、価格帯でいくのか、情報サービスでいくのか、複合型でいくのか、目標をはっきり決める。

3.店内のお客様の流れ。アイキャッチャーとしての球根のディスプレー
 お客様が店内に入ってからの動線を把握する。お奨め商品に目を向けさせ、お客様を誘導できるような態勢にする。

4.トミー流マーチャンダイジング
商品化計画(球根を使った新しい仕立て方、かたち設定)の進め方
→現状は遊び心が足りない。
・球根のコケ玉。球根のタワー。球根のハンギングなどの提唱
・チューリップを用いたディスプレーコンテストの実施

5.トミー流POPのまとめかた
親しみやすさVS高級感=初心者VSマニア という図式からはじまる。

6.コンセプト
コンセプトはわかりやすさ
やってみたいと思わせるかわいさ、豪華さをどう見せるかがテーマ。
開花した状況をすぐそばでディスプレーしないと、ドライ製品であるため、インスピレーションがわかない。そんなインスピレーションをどう提供していくか?が最大の課題。

7.話術
最終的に接客員の話術が左右します。トミーがテレビ番組で培ってきた、わくわくする話し方を伝授します。

■スケジュール

時間 講師名 内容
13:00~16:30 富山昌克氏 セミナー
16:30~17:00 情報交換と名刺交換

■講師紹介

名前 :
富山 昌克(とみやま まさかつ)
プロフィール :
園芸研究家。園芸コンサルタント。園芸著作家。バイオテクノロジスト。メリクロンアーツ&富山昌克オフィス&富山蘭園・奈良農場代表。奈良県農業大学校・大阪テクノホルティ園芸専門学校・大阪アニマル&オーシャン専門学校・NHK文化センター講師。NHK「趣味の園芸」、サンTV「手づくり花づくり」などに出演中。著書多数。専門の洋蘭はもちろん、幅広いガーデニング知識と巧みな話術で、テレビや講演で活躍中。

一覧に戻る

業界の最新情報・イベント情報をお届けします!

メールマガジン「グリーンメール」に今すぐご登録ください。

※ 内容にご興味がなければ簡単に購読解除いただけます。

セミナー・ツアー情報

業界初!24時間365日開催される商談会 ネットで商談会はコチラ

メールマガジン

メールマガジン「グリーンメール」無料配信中!花緑関係の最新ニュースをお届けしています。今すぐ以下のフォームよりご登録ください。

» バックナンバーを見る

今月のインタビュー

堀久恵さん(ほりひさえ)さん
植物の可能性

詳細はこちら

GardenCenter電子版

Green&DIY EXPO 2019