1. HOME
  2. > 今月のインタビュー
  3. > 園芸とファッションを横断するGREEN FLAG 緑のある空間で人と人をつなげていきたい

今月のインタビュー

園芸とファッションを横断するGREEN FLAG
緑のある空間で人と人をつなげていきたい

暁園芸/グリーンフラッグ主宰
福田武士(ふくだたけし)さん
プロフィール
服飾業界に14年在籍したのちに植木屋に転身。2015年の春よりGREENFLAGを始め、植物を中心に独自のグリーンスタイルを提案している。暁園芸では庭の手入れから植栽、ショップなどのグリーンコーディネートまで幅広く手掛ける。
―GREEN FLAG、どういった活動をされていますか?
福田 グリーンと洋服、グリーンとアートなど、グリーンを中心に考えた洋服づくりやモノ創りを行うプロジェクトで、昨年からスタートしました。園芸などの作業にも適すように、タフな縫い目やつくりにこだわり、ファッションと植物遊びをつなぐような提案ができればと考えています。
―プロジェクト立ち上げの経緯は?
福田 思い切って植木屋に転身したのが7年前ほど前です。植木屋なので、山の中の草刈りなどいろいろな現場に行きます。そこで実生でひょろひょろっと生えてきているかわいい奴らがいるんです。知り合いの器屋さんに、欠けてお店に出せなくなった器をもらって樹木の子どもを植えこんだりしていました。それがGREEN FLAGの始まりですね。
昨年末から今年にかけては、原宿にある店舗で洋服と一緒に植物を売る限定ストアを催したり、知り合いのお花屋さんで販売させていただいたりと、フレキシブルに活動しています。
―GREEN FLAGが目指すものは?
福田 私がやっていることは、植物に触れるとっかかりの部分だと思うんです。専門的な知識をお伝えするというよりは、ファッションやアート的なアプローチから植物を見て、見た人が「植物ってカッコいいね」「これ欲しいな」と思う入口になればうれしいですね。

※続きは2015年3月号をご覧ください

2015年3月号の詳細を見る

過去のインタビュー

業界の最新情報・イベント情報をお届けします!

メールマガジン「グリーンメール」に今すぐご登録ください。

※ 内容にご興味がなければ簡単に購読解除いただけます。

今月のインタビュー

業界初!24時間365日開催される商談会 ネットで商談会はコチラ

メールマガジン

メールマガジン「グリーンメール」無料配信中!花緑関係の最新ニュースをお届けしています。今すぐ以下のフォームよりご登録ください。

» バックナンバーを見る

今月のインタビュー

伊藤孝巳(いとうたかみ)さん
植物の効果・効用で
花緑の素晴らしさを広げたい

詳細はこちら

GardenCenter電子版