1. HOME
  2. > 今月のインタビュー
  3. > バラを通じて人々に幸せを届ける

今月のインタビュー

バラを通じて人々に幸せを届ける

㈲水谷農園 代表取締役
水谷勇さん(みずたにいさむ)さん
プロフィール
1947年から愛知県稲沢市でバラ苗を生産する㈲水谷農園の3代目。元々切り花生産者向けのバラ苗がメインだったが阪神淡路大震災をきっかけに「お花で何か人々に安らぎや癒しを与えられないか。一般の方がお花に触れる機会をもっと増やしたい」とガーデニング用のバラ苗生産を始める。現在、バラ苗の生産・卸・小売り、新品種の開発研究、海外からの品種の導入やローズガーデンの設計施工など、精力的にバラの普及に努めている。
―「バラは育てたいけれど、うまくできなくて困っている」そういったユーザーをサポートするサービスに尽力されていると聞きました
弊社ではお客さまのライフスタイルに合わせたバラ苗のご提案を心がけています。バラはほかの草花に比べると、単価が
高く、資材などにも費用がかかる植物です。それでも「バラを育てたい」と思われる方は、きっと何か理由や想いがある
と思うんですよ。「庭にバラがある生活に憧れて」とか、「バラがある生活って優雅だな。豊かな生活だな」とか。そういうお客さまの想いを大切にしたいと思っています。お客さまには、日々の生活の中でバラを育てることで、楽しさや安らぎ、ワクワクやドキドキとか感動を味わってもらいたい。そのためにも品種選びで失敗してほしくないなと。ですから提案の仕方も、まずお客さまご自身でどんなふうにバラを楽しまれたいかをお聞きしてから、そのご要望に応えられる品種の提案を行っています。

※続きは2020年1月号をご覧ください

2020年1月号の詳細を見る

過去のインタビュー

業界の最新情報・イベント情報をお届けします!

メールマガジン「グリーンメール」に今すぐご登録ください。

メールマガジンに登録する ※ 内容にご興味がなければ簡単に購読解除いただけます。