1. HOME
  2. > 今月のインタビュー
  3. > 実践カリキュラムと働く現場を重視した教育で 専門性と応用力のある「花と緑の職業人」を育成する

今月のインタビュー

実践カリキュラムと働く現場を重視した教育で
専門性と応用力のある「花と緑の職業人」を育成する

岐阜県立国際園芸アカデミー 学長
今西良共(いまにし よしとも)さん
プロフィール
1957年岐阜県生まれ。1980年千葉大学園芸学部環境緑地学科卒業。同年4月名古屋市役所に入庁し、2018年3月緑政土木局緑地部長を最後に退職となる。在職中は一貫して公園緑地行政に携わり、公園緑地の計画、設計、施工管理から管理運営、花や緑にふれあう機会の提供や市民活動の支援など、さまざまな事業を展開してきた。2018年4月より現職。
――多くの卒業生が活躍しているアカデミーの学長に就任されました。
岐阜県立国際園芸アカデミーは、花と緑をあつかう「職業園芸人」の育成を目的に2004年に開校しました。
実践を中心とした特長ある教育体制により、花と緑の産業に役立つ資格取得などを支援する「花と緑の実践技術を修得した実務者を養成する学校」であり、インターンシップ(職場体験実習)を重視し「花と緑の産業と連携した実践重視の学校」を目指しています。

――具体的にはどのような教育をされているのでしょうか。
カリキュラムの時間数は座学と実践との割合を1:3に設定しており、座学中心の教育とは異なり演習・実習に力点を置いています。海外視察研修を必修とし、知見を広げ、国際的な感覚を養えるようにしています。さらに、植物を育てる生産分野、植物を飾る装飾分野、植物を植える造園緑化分野の3分野を広く学んだうえで、時代が求める豊かな感性と柔軟な発想をもつ、応用力のある人材の育成を進めています・・・

※続きは2018年7月号をご覧ください

2018年7月号の詳細を見る

過去のインタビュー

業界の最新情報・イベント情報をお届けします!

メールマガジン「グリーンメール」に今すぐご登録ください。

※ 内容にご興味がなければ簡単に購読解除いただけます。

今月のインタビュー

業界初!24時間365日開催される商談会 ネットで商談会はコチラ

LOVEGREEN(ラブグリーン) 植物と暮らしを豊かに。

メールマガジン

メールマガジン「グリーンメール」無料配信中!花緑関係の最新ニュースをお届けしています。今すぐ以下のフォームよりご登録ください。

» バックナンバーを見る

今月のインタビュー

今西良共(いまにし よしとも)さん
「花と緑の職業人」を育成する

詳細はこちら

GardenCenter電子版