1. HOME
  2. > 今月のインタビュー

今月のインタビュー

世界に拡がる植物やパートナーとともに「世界の感動を日本に。日本の感性を世界へ。」届けたい。

プランツプロデューサー
緑匠・四代目 又右衛門さん(りょくしょう よんだいめまたえもん)さん
プロフィール
明治13年から135年、先進的な花き園芸の生産に取り組み、大正時代からは薔薇の生産・普及、輸出にも取り組むなど植物生産流通のパイオニア、薔薇園植物場の四代目。本名、金岡 信康(かなおかのぶやす)バラエングループ代表。近年は国内にとどまらず海外の植物を国内に紹介、また園芸をはじめとする日本人の美意識を世界に提案するなど地球規模で活躍する
―海外からの希少植物の輸入で注目を浴びています。
又右衛門 直近では2月に、メルセデスベンツ社とポーラ社がコラボし、話題になっているイベントの植栽を又右衛門プロデュースで、世界各国の魅力的な植物を用い行わせていただきました。現在、注目を浴びている要因としては、デザイン性もありますが、国際ルールを遵守した取り組み、今までにない圧倒的な品質の高さを多くの専門家から評価いただいています。

―希少植物を扱うきっかけは。
又右衛門 海外の大型希少植物の輸入を始めたのは5年前からです。代々花きの生産流通を行っているのですが、他所と同じことをしていたのでは駄目だと思い、その当時は珍しかった契約栽培などでオリジナル性を追求しました。そのため自然と産地との交流が増え、生産現場の実態を知ることになりました。そこで、生産者の想いを消費者まで届ける仕組みづくりを流通からやっていこうと20年前からは市場内で生花の仲卸も始め、植物仲卸を開設。今まで誰も成功できなかった品種の輸入を成功させて欲しいという依頼がきっかけになりました。

―成功への決め手とは?

―今後について

※続きは2017年5月号をご覧ください

2017年5月号の詳細を見る

過去のインタビュー

「GardenCenter」の最新号が半額で読めるお試し購読をしませんか?

園芸ビジネスの最新情報・成功事例が満載!業界唯一の全国版情報誌「GardenCenter」の最新号が半額で読めるお試し購読とは

詳細はこちら

今月のインタビュー

業界初!24時間365日開催される商談会 ネットで商談会はコチラ

メールマガジン

メールマガジン「グリーンメール」無料配信中!花緑関係の最新ニュースをお届けしています。今すぐ以下のフォームよりご登録ください。

» バックナンバーを見る

今月のインタビュー

緑匠・四代目 又右衛門さん(りょくしょう よんだいめまたえもん)さん
世界の感動を日本に。日本の感性を世界へ。

詳細はこちら

GardenCenter電子版