1. HOME
  2. > 業界専門情報誌「Garden Center」
  • Garden Center
  • Garden Center 電子版

    業界専門情報誌「Garden Center」

    「Garden Center」は、花と緑の業界専門情報誌です。
    ガーデニングビジネスは大きく発展しておりますが、業界内での競争は厳しい時代に突入しております。消費者のライフスタイルの変化、国際化する花と緑の中で、ガーデニング業界はさらにに変化を遂げていくことでしょう。 私たちGardenCenter編集部では、常にガーデニングビジネスの明日を捉え、一歩掘り下げた花と緑の世界を報道し、好評を頂いております。

    最新号のご案内

    ご購入はこちら

    創刊:昭和55年10月
    発行日:奇数月1日発行
    1冊 1,905円(+税)
    平均110ページ
    定期購読はこちら

    特集

    009 多様化する植物販売の新潮流
    [量販店の新展開]
    010 Style Factoryテラッセ納屋橋店(名古屋市中区)
    014 イオン九州ホームワイドプラス賀来店(大分市)
    018 iite船橋坪井店(千葉県船橋市)
    [専門店の新潮流]
    022 garageNAGOYA(名古屋市中村区)
    026 マルニガーデン(高知県南国市)
    030 NAKANOSTORE(岡山市)
    [他業種の植物販売]
    032 インナチュラル テラスモール湘南店(神奈川県藤沢市)

    » もっと見る

    シリーズ

    005 元気印 (株)LORANS.
    038 生産地を行く サザンガーデン(大分県玖珠町)
    045 「5つ星」園芸店を訪ねて 花と緑の散歩道 とちぎ園芸(栃木県宇都宮市)
    070 メーカーを訪ねて (株)タカギ

    ピックアップ

    040 日本フラワー・オブ・ザ・イヤー2017
    042 屋内緑化コンクール2017
    048 レポート IFEX/GARDEX
    054 水性ステイン塗料にカラーバリエーション〔アトムサポート(株)〕

    アラカルト/トピックス

    046 (株)ストロボライト資金調達実施 庭植栽事業拡大へ
    056 市場の機械セリを考える フラワーオークションジャパン
    062 庭チャンネル「お庭のお手入れ自動見積シミュレーション」運用開始
    077 タキイ種苗 秋期農場研修会
    079 東海四県JAグループ「食と農の大商談会2017」
    080 テクノ・ホルティ園芸専門学校「第30回文花祭」レポート
    090 各市場 2017年末品評会受賞結果
    093 東京砧花き「フラワーコンテスト2017冬」
    072 第15回日比谷公園ガーデニングショー2017
    075 育種家・高橋康弘氏×サントリーフラワーズ/極上の青いシクラメン「CCYT」

    連載

    034 ガーデンセンターの集客実例〔フローラ/ガーデンセンターさにべる〕
    058 ヒーリング時代の緑の使い方 岩崎 寛
    060 植物の効用を生かそう
    「緑は正義だ!」植物の持つさまざまな効用について 佐分利応貴
    061 緑匠・又右衛門の見た世界の植物ビジネス〔スペイン最新事情〕
    064 すぐにできちゃうペイントDIY〔ミルクペイントを使った簡単アイデア〕
    066 日常的な花贈り・花飾りのきっかけ作り 小川典子
    082 TA-RA-YOU匠の言葉・園芸人の教え 丹羽理恵
    113 東京オリンピック 花と緑のおもてなし(24)
    関東地域花き普及振興協議会 オリンピック・パラリンピックに向けた「花きセミナー」の開催
    農林水産省関東農政局生産部園芸特産課長 齋藤千栄美
    114 日本の植物を世界に売る!~海外園芸マーケットの可能性
    豊明花き(株)販売部国際取引課 佐々木北斗
    116 ガーデネクス便り

    インフォメーション

    084 ニュース
    088 イベント情報
    096 新春のご挨拶 名刺広告
    106 2018年上半期イベント情報
    110 家計調査、植物輸入量の推移、主要花き市場の卸売数量・価格
    111 今月の市況

    ご購入はこちら

    新たに生まれた「30~40代」の園芸ターゲット

    長い間、園芸のメインユーザーは50代と言われてきたし、事実売り場で見かけるのは団塊世代の人たちが多かった。しかしこの数年は従来の園芸店のイメージと一線を画す業態も増えてきて、店舗によっては客層の若返りがおきるなど、ひと口に園芸店売り場といっても実にさまざまだ。
    今回の特集では、改革にチャレンジ中の店舗や新しく誕生した業態を中心に、いろいろな階層の店に足を運んで話を聞いてみた。その多くの店で聞かれたのが「30~40台をメインターゲットにした」という言葉。その世代の女性に響く暮らしの道具を厳選したり、実店舗への来店を促すためにDIYワークショップの開催に力を入れたり、SNSと実店舗を連動させた企画を仕掛けたりと、ここへきて園芸店売り場も急変している感がある。
    グリーンやDIYの人気を追い風にこうした30~40代への提案は今後も加速しそうだ。
    さて、でもその先は?と考えたときに、品揃えの見直しや企画だけでの差別化には限りがある気もする。そうした時に他業種の店を含めて他店と一線を画すためにも、最終的には「植物について話せる」専門性がモノを言うのではないだろうか。幸い(?)植物の知識や経験は一朝一夕とはいかないので、今こそ園芸専門店が培ってきた力が生きるとき!と期待したい。
    伊藤賢治
    「GardenCenter」の最新号が半額で読めるお試し購読をしませんか?

    園芸ビジネスの最新情報・成功事例が満載!業界唯一の全国版情報誌「GardenCenter」の最新号が半額で読めるお試し購読とは

    詳細はこちら

    業界初!24時間365日開催される商談会 ネットで商談会はコチラ

    LOVEGREEN(ラブグリーン) 植物と暮らしを豊かに。

    メールマガジン

    メールマガジン「グリーンメール」無料配信中!花緑関係の最新ニュースをお届けしています。今すぐ以下のフォームよりご登録ください。

    » バックナンバーを見る

    今月のインタビュー

    福寿満希(ふくじゅ みづき)さん
    障がいがあっても働き続けるための花を通じたアカデミーを作りたい

    詳細はこちら

    GardenCenter電子版