1. HOME
  2. > 業界専門情報誌「Garden Center」
  • Garden Center
  • Garden Center 電子版

    業界専門情報誌「Garden Center」

    「Garden Center」は、花と緑の業界専門情報誌です。
    ガーデニングビジネスは大きく発展しておりますが、業界内での競争は厳しい時代に突入しております。消費者のライフスタイルの変化、国際化する花と緑の中で、ガーデニング業界はさらにに変化を遂げていくことでしょう。 私たちGardenCenter編集部では、常にガーデニングビジネスの明日を捉え、一歩掘り下げた花と緑の世界を報道し、好評を頂いております。

    最新号のご案内

    ご購入はこちら

    創刊:昭和55年10月
    発行日:奇数月1日発行
    1冊 1,905円(+税)
    平均110ページ
    定期購読はこちら

    特集

    009 NEW STYLE GREEN SHOP!
    010 Veggie+[ベジープラス]
    江戸時代から続く種苗店がハーブ苗の新業態を展開
    014 NEOGREEN[ネオグリーン]
    グリーンショップの先駆者が10年経ってたどり着いたスタイル
    017 ROUTE BOOKS[ルートブックス]
    "暮らし"をベースにリアルな住まい環境での植物を提案
    020 DE LA PLANTA[デラプランタ]
    ポピュラーな品種でも「心にぐっとくる」一鉢を吟味
    023 mana's green[マナズグリーン]
    塊根植物から新しいビジネスジャンルを開拓
    026 北中植物商店
    野川沿いにある小さな平屋と庭、そして花と植物の店

    » もっと見る

    ピックアップ

    002 オザキフラワーパーク 全面リニューアル
    036 「イロドリ*ミドリ」がさらに便利に
    049 夏花でどう迎える?東京五輪「花と緑のおもてなし」

    032 園芸と産直を試食でつなげ
    040 試してみました新商品「ベニカワイドケアスプレー」
    074 「都市の緑3表彰」6月30日まで募集中
    076 TAKAMATSUスクール2018「消費者に合わせた効果的な販促活動」
    078 花卉懇談会フォーラム「花の魅力を伝える」
    080 展示会レポート/花の都しずおか大商談会2018
    081 展示会レポート/岐阜花き流通センター
    082 展示会レポート/JFIトレードフェア2018春
    083 展示会レポート/第25回トレードフェスタ
    084 テクノ・ホルティ園芸専門学校 作品展・30周年記念同窓会

    連載

    062 又右衛門による世界の植物紹介
    064 LOVEGREEN
    066 すぐにできちゃうペイントDIY~ガラスペイント
    068 ヒーリング時代の緑の使い方/岩崎 寛
    070 植物の効用を生かそう「緑は正義だ!」植物の持つさまざまな効用について/佐分利応貴
    089 YA-RA-YOU 匠の言葉・園芸人の教え/丹羽理恵
    102 日本の花を世界に売る!/豊明花き 佐々木北斗
    104 ガーデネクス便り

    シリーズ

    008 元気印 農業カメラマン/網野文絵さん
    030 生産地を行く/大花園(静岡県三島市)
    045 5つ星園芸店を訪ねて/花ひろば(三重県桑名市)
    046 市場の機械セリを考える/JF兵庫県生花

    インフォメーション

    090 ニュース
    094 イベント情報
    098 家計調査・植物輸入量の推移・主要花き市場の卸売数量・価格
    099 今月の市況

    ご購入はこちら

    教科書通りでない育て方

    初めて買った品種の育て方について調べると、「半日蔭で管理してください」などのアドバイスがある。なるほどと思い早速実行しようとするけれど、直後に「半日蔭とはいったいなんぞや?」ととまどい途方に暮れる。あるいは、「冬は軒先に移動する」と書いてあるので、なるほどと思い必ず実行しようと心に決めるけれど、よく考えたら軒先がどの場所を指すのかよく分からないし、そもそも自分の家には軒先がない、または運良く軒先があり移動させて「これでもう安心。枯れない」と思っても、枯れる。
    ということは誰でも一度は経験するほどよくあることで、なぜかというと教科書にはその品種にとっての最大公約数的な管理法が、ざっくりとした言葉で書いてあるだけで、生産者の作り方やお店での管理方法、そしてなにより買った人の住環境によって、同じ品種でもその管理方法はかなり違ったものになるから。ということは、セオリーはセオリーとして、しかしそれをただやみくもに伝えるだけでは駄目だということになる。
    今回の特集で取材させていただいたいくつかのお店は異業種の方が運営されており、だからこそセオリーに頼り切らず、自分たちで実感・体感した管理方法を、分かりやすい言葉で伝えていた。教科書通りではないけれど、買う立場からするととても親切に感じる。

    【伊藤賢治】
    「GardenCenter」の最新号が半額で読めるお試し購読をしませんか?

    園芸ビジネスの最新情報・成功事例が満載!業界唯一の全国版情報誌「GardenCenter」の最新号が半額で読めるお試し購読とは

    詳細はこちら

    業界初!24時間365日開催される商談会 ネットで商談会はコチラ

    LOVEGREEN(ラブグリーン) 植物と暮らしを豊かに。

    メールマガジン

    メールマガジン「グリーンメール」無料配信中!花緑関係の最新ニュースをお届けしています。今すぐ以下のフォームよりご登録ください。

    » バックナンバーを見る

    今月のインタビュー

    網野 文絵(あみのふみえ)さん
    農と人、人と人をつなぐ、きっかけをつくりたい

    詳細はこちら

    GardenCenter電子版