1. HOME
  2. > 業界専門情報誌「Garden Center」
  • Garden Center
  • Garden Center 電子版

    業界専門情報誌「Garden Center」

    「Garden Center」は、花と緑の業界専門情報誌です。
    ガーデニングビジネスは大きく発展しておりますが、業界内での競争は厳しい時代に突入しております。消費者のライフスタイルの変化、国際化する花と緑の中で、ガーデニング業界はさらにに変化を遂げていくことでしょう。 私たちGardenCenter編集部では、常にガーデニングビジネスの明日を捉え、一歩掘り下げた花と緑の世界を報道し、好評を頂いております。

    最新号のご案内

    ご購入はこちら

    創刊:昭和55年10月
    発行日:奇数月1日発行
    1冊 1,905円(+税)
    平均110ページ
    定期購読はこちら

    特集

    017 花苗戦略2019春
      M&Bフローラ/ゲブラナガトヨ/サカタのタネ/サントリーフラワーズ
      /シンジェンタ/タキイ種苗/ハクサン/ハルディン
    018 ペチュニア
    021 カリブラコア
    024 オステオスペルマム
    026 マーガレット
    028 バーベナ
    030 その他(サンパチェンス・ネメシア・春待ち苗など)
    032 専門店のおすすめアンケート
      アズガーデン/オザキフラワーパーク/ガーデンアイランド二子玉川/
      グリーンギャラリーガーデンズ/総合園芸/ナーセリーズ
      フラワーガーデン泉/緑のマーケット/ゆくはし植物園
    034 ホームセンターに聞く
      カインズ、コメリが考える花苗戦略とおすすめ品

    » もっと見る

    ピックアップ

    050 花と緑の街づくり
     『花と緑のまちづくり全国首長会』が発足
    110英国ガーデンのいま 佐藤麻貴子

    アラカルト

    014 日本フラワー・オブ・ザ・イヤー 2018/ビジネス大賞2018決定!
    038 男性の花贈りを共に盛り上げましょう!
      フラワーバレンタイン 2019
    044 レポート GARDEX/農業ワールド2018
      高い目的意識を持った出展者と来場者が交流
    048住友化学園芸から50周年記念の超大型新商品
    058 "フラワーサミット2018より
      パネルディスカッション"「2021年の花き業界を考える」
    062 各市場で開催 2018年末品評会受賞結果
    064 東京砧花きが開催「フラワーコンテスト2018」

    トピックス

    078 IFFT/Interior Lifestyle Living
         ~独自の素材・デザインでインテリア雑貨に新風
    080 ガーデンセンターの集客実例「ガーデナーズマルシェ」
    082 クレマチスの世界的育種家
      レイモンド・エビソン氏が記念講演 高松商事
    083 サントリーフラワーズ 青いシクラメン農場見学会を開催
      /プリンセチア、酷暑の夏を越えて
    084 フマキラーが園芸ブランド「カダン」から花苗を発売
    085 東海四県JAグループ 食と農の大商談会にぎわう
    086 30万人が来場!日比谷ガーデニングショー

    連載

    065 5つ星園芸店を訪ねて リビングガーデン エスパス(長野県飯田市)
    066 又右エ門による世界の植物紹介
    068 plants×仕掛け人 parkERs プランツコーディネーター 児玉絵実
    070 ヒーリング時代の緑の使い方 千葉大学大学院 岩崎寛
    073 植物の効用を生かそう「緑は正義だ!」 屋内緑化推進協議会 佐分利応貴
    074 TA-RA-YOU匠の言葉・園芸人の教え 園芸文化協会 丹羽理恵
    109 ガーデネクス便り

    006 ルポタージュ店舗 Draw:Garden (石川県能美市)
    013 元気印 亀岡市長 桂川孝裕
    042 生産地を行く 湘南クレマチス園 (神奈川県藤沢市)
    076 メーカーを訪ねて ㈱ SHIMADA

    インフォメーション

    087 ニュース
    090 イベント情報
    100 上半期イベント情報
    104 家計調査、植物輸入量の推移、主要花き市場の卸売数量・価格
    105  今月の市況
     

    ご購入はこちら

    オリ・パラの準備は大丈夫か

    オリンピック・パラリンピックの開催がもう来年、どのように迎えるか園芸業界としては今年が山場となりそうだ。夏場に強い植物の開発はだいぶ進み、臨海副都心で行なわれた花と緑のおもてなしセレクションは、夏に強い選定品種として4300年間で約品種となった。日本の育種力には、いまさらながら驚かされる。
    それらの花を使って、どのように五輪を迎えるか。花壇やプランターで飾るのが主流となるのだろうが、立体的にデザインし、飾ってもいいのではないか。壁面緑化を使って暑さを和らげる効果の試験が行なわれているが、そこで使われている植物は開発された夏花ではない。せっかく開発した多くの夏花を、この機材でデザインすればさらに効果的に使えますという提案をしてはどうか。来年はもう本番。試験もなしにいきなりでは機材を使ってデザインする人、使う側もどの花を使えば夏場の管理が大丈夫か、二の足を踏むし、育種メーカーも花壇、プランター以外の機材での植込み管理となれば、多分、大丈夫でしょうということになるのかもしれない。この夏は開発した夏花の使い方、デザインを提案する最後のチャンスだと思う。
    山川正浩
    「GardenCenter」の最新号が半額で読めるお試し購読をしませんか?

    園芸ビジネスの最新情報・成功事例が満載!業界唯一の全国版情報誌「GardenCenter」の最新号が半額で読めるお試し購読とは

    詳細はこちら

    業界初!24時間365日開催される商談会 ネットで商談会はコチラ

    メールマガジン

    メールマガジン「グリーンメール」無料配信中!花緑関係の最新ニュースをお届けしています。今すぐ以下のフォームよりご登録ください。

    » バックナンバーを見る

    今月のインタビュー

    桂川孝裕(かつらがわ たかひろ)さん
    花と緑のまちづくりを全国の市町村長に

    詳細はこちら

    GardenCenter電子版