1. HOME
  2. > 業界専門情報誌「グリーン情報」
  • グリーン情報
  • グリーン情報 電子版

    業界専門情報誌「グリーン情報」

    「グリーン情報」は、グリーンビジネス業界専門情報誌です。
    グリーンビジネスは大きく発展しておりますが、業界内での競争は激しい時代に突入しております。国際化、消費者のライフスタイルの変化に業界はさらに変化を遂げていくことでしょう。私たちグリーン情報編集部では、常にグリーンビジネスの明日を捉え、深く掘り下げた花と緑、庭の世界を報道し、好評いただいております。

    最新号のご案内

    ご購入はこちら

    創刊:昭和55年10月
    発行日:奇数月1日発行
    1冊 2,100円(+税)
    平均110ページ
    定期購読はこちら

    特集

    017 ハウスメーカーの庭づくり~植物をどう使うか~
    018 座談会 ウィズガーデン、住友林業緑化、積水ハウス、大和ハウス工業、ナテックス
    026 生産者と実需者の交流・商談の場として植木見本園を開設(千葉)
     
    031 バラ苗販売の新潮流
    032 バラ苗販売のプロに聞く 一目惚れで購入していただけるバラを コマツガーデン 後藤みどり
    034 造園のプロに聞く バラの植栽の世界 京成バラ園芸 北野純子
    036 バラ苗販売の専門農家に聞く 生産者ならではのサービスを提案 水谷農園 水谷勇
    037 バラ苗の主な卸売会社/バラ苗卸業者アンケート
    038 バラ専用シリーズ「ブリリアントガーデン」 ハイポネックスジャパン
     
    041 付加価値を追求する パンジー・ビオラ・ハボタン
    042 パンジーの概念を大きく変えた「ドラキュラ」 サトウ園芸
    044 個性的な花姿が人気 見元園芸

    » もっと見る

    子どもたちと地域の未来を考える花と緑のまちづくり

    054 愛知県瀬戸市 民・産・官一体となって花のまちづくりを推進

    ピックアップ

    008 福永FAJ 新社長に抱負を聞く
    049 日本の祈りの文化を園芸売り場に

    アラカルト

    010 Hakusan BIZ開設
    058 人・植物・癒やし(3)
    植物の健康効果に関する情報提供が 鉢物購買意欲向上につながる可能性 豊田正博
    074 第15回国際ガーデンEXPO GARDEX
    076 第92回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2021 テーマは「自然との共生」

    トピックス

    087 第99回大原ビックフェスティバル活況
    089 ライフスタイル Week 2021【夏】開催される/名古屋朝顔まつり 昔ながらのアサガオ並ぶ

    GARDEN RECIPE〔EX・造園コーナー〕

    066 現場作業論 現場と道具の管理(11) 小林徹
    068 住宅デザイン様式とファサードデザイン(8) 松下高弘
    070 ガーデンデザインのためのスケッチとパースの描き方(8) 中山正範
    072 暮らしを豊かにするガーデンファニチャー(1) 林恵美子

    連載

    079 「五つ星」園芸店に選ばれて オザキフラワーパーク(東京都練馬区)
    082 SDGsを経営に活かす 東海化成
    084 ヒーリング時代の緑の使い方 千葉大学大学院 岩崎寛
    086 TA-RA-YOU 園芸文化を支えた花たち 園芸文化協会 丹羽理恵
    096 グリーン★アイ 松島義幸
    098 庭を楽しむニュージーランドの暮らし 小笠原貴子
     
    002 ルポルタージュ店舗 渋谷園芸 練馬本店(東京都練馬区)
    006 ゲンキジルシ! 豊田正博
    046 生産地を行く Hanayoshi(兵庫県加西市)
    080 メーカーを訪ねて 八幡化成

    インフォメーション

    090 ニュース
    093 イベント情報
    094 園芸関係統計資料
    095 今月の市況

    ご購入はこちら

    園芸のDX化をどう進める

     DX(デジタルインフォメーション)という文字は新聞で見ない日はないほど一般的な言葉として使われている。意味は、「進化したデジタル技術によって(人々の生活を)より良いものへと変革すること」だという。
    グローバルな経済競争の中で、あらゆる分野でDX化が進んでいるが、花き園芸業界のDX化はどこまで進んでいるのだろうか。
    IT(情報技術)の活用としては、部分的には生産現場や流通での取り組み、また生活者への情報提供ルーツとしてウェブマガジンなどがあるが、それらをいかに有機的につなげていくか。
    まだ園芸業界は横、あるいは縦につながってDX化が進んでいるとはいいがたい状況だと見ている。園芸業界のつながったDX化を誰が中心になって進めるのか。園芸業界人が進めるのか、DX化が得意な異業種が園芸業界に参入してくるのを待つのか。
    かつて、花市場にオランダのせり下げシステムが導入されて流通が革新されたが、海外の園芸のDX化はどこまで進んでいるのだろうか。いずれにしても園芸業界も他産業に遅れないように変革を進めなくてはいけない。(山川正浩)
    「グリーン情報」の最新号が半額で読めるお試し購読をしませんか?

    グリーンビジネスの最新情報・成功例が満載!全国版業界ビジネス専門誌「グリーン情報」が最新号から半年分が、1冊分お得に読めるお試し購読とは

    詳細はこちら