1. HOME
  2. > 本を探す
  3. > グリーン情報 GardenCenter 2018年07.08月号

グリーン情報 GardenCenter 2018年07.08月号

(株)グリーン情報

A4

価格 : ¥ 2,057 (税込)

請求書と郵便払込用紙を、ご注文書籍に同封して発送します。
書籍がとどきましてから、郵便局または銀行でお振込みください。

国内配送料無料でお届けします。

本を買う

定期購読はこちら

内容

【特集】シュラブは売れる!/産直×園芸 相乗効果で売り場を活性!

詳細を見る

特集

【特集1】シュラブは売れる!
010 国内におけるシュラブ販売の状況 プラントネットワーク 松井識樹さんに聞く
012 園芸の隙間シーズンをシュラブでカバー「ポッティングガーデン」が熱い!
014 個性豊かなシュラブ生産者×GreenPotの鉢
016 どうつくる?シュラブの売り場 ジョイフル本田×岡野秀花園の場合

【特集2】産直×園芸 相乗効果で売り場を活性!
021 標準化にはあえてこだわらず地元ニーズに徹底した品揃えに
カインズマルシェ((株)カインズ)
024 園芸店ならではの産直の形が生まれつつあります
グリーンギャラリーガーデンズ(東京都八王子市)
027 地域農家さんと密着することで集客や売上以外のコラボ展望も見えてきました
ホームセンターアグロ神戸駒ヶ林店(兵庫県神戸市)

シリーズ

008 元気印 岐阜県立国際園芸アカデミー学長 今西良共
030 生産地を行く モリヒロ園芸(香川県観音寺市)
074 メーカーを訪ねて 森産業(株)

ピックアップ

002 元気で活きのいい植物&マルシェ 新生”オニヅカ”
店舗ハード面の改装で滞留時間&購買単価がアップ マルシェや調理場の設置で店内イベントも活性化へ

068 特別寄稿
近代の博覧会が園芸造園の進歩発展に果たした役割〔前編〕
東京農業大学名誉教授 近藤三雄

アラカルト

032 生産者の取り組み
1.両筑植物センター 生産者が仕掛ける消費者へのアプローチ
2.タマリュウジャパン 食べられる観葉植物”サラダの木”を販売開始
036 第20回国際バラとガーデニングショウ プライベート空間のあるガーデンが増える
038 2018日本フラワー&ガーデンショウ 家族で楽しむ体験型イベントへ
040 第2回 母の日明け懇談会 結果報告 東京砧花き 滝村千明
042 需要と供給のギャップを埋める情報ポータルサイト「フラワーマイスター」
044 ペイントで簡単!園芸コーナーの売上&センスアップ 水性多用途塗料「フリーコート」
046 千葉を中心に各所で開催 春のパックトライアル
M&Bフローラ/タキイ種苗/ハクサングループ/シンジェンタジャパン/ハルディン/サカタのタネ/高松商事/京成バラ園芸/雪印種苗/ゲブラナガトヨ

連載

056 市場の機械セリを考える 小売の立場から~名古屋園芸 小笠原誓さん
058 又右衛門による世界の植物紹介
060 LOVE GREEN”植物と暮らしを豊かに。” 石塚秀彦
062 Plants×現在と未来 parkERsブランドマネージャー 梅澤伸也
064 ヒーリング時代の緑の使い方 岩崎 寛
066 植物の効用を生かそう「緑は正義だ!」植物の持つさまざまな効用について 佐分利応貴
084 TA-RA-YOU匠の言葉・園芸人の教え 丹羽理恵
098 日本の花を世界に売る! 豊明花き 佐々木北斗
100 ガーデネクス便り

インフォメーション

086 ニュース
089 イベント情報
090 2018年下半期イベント情報
094 家計調査、植物輸入量の推移、主要花き市場の卸売数量・価格
095 今月の市況
「GardenCenter」の最新号が半額で読めるお試し購読をしませんか?

園芸ビジネスの最新情報・成功事例が満載!業界唯一の全国版情報誌「GardenCenter」の最新号が半額で読めるお試し購読とは

詳細はこちら

本を探す

業界初!24時間365日開催される商談会 ネットで商談会はコチラ

LOVEGREEN(ラブグリーン) 植物と暮らしを豊かに。

メールマガジン

メールマガジン「グリーンメール」無料配信中!花緑関係の最新ニュースをお届けしています。今すぐ以下のフォームよりご登録ください。

» バックナンバーを見る

今月のインタビュー

今西良共(いまにし よしとも)さん
「花と緑の職業人」を育成する

詳細はこちら

GardenCenter電子版